Home > Archives > 2007-02-15

2007-02-15

清水寺で、旅行者のマナーについて考える

新春の京都も最終日(3日目)になってしまいました。
この日は、まず清水寺へ行ってみることにしました。今回の旅行では、からすま京都ホテルに泊まっていたので、四条烏丸からバスで清水道へ行くのが一般的なのですが、チェックアウト後の荷物を抱えて歩きたくないので、いったん京都駅で手荷物を預けて清水寺へ。
「京都古都の文化財」として世界遺産に登録されている17ヵ所のうちの一つで、「西国三十三所観音霊場」の第16番札所にもなっています。
で、突然ですが、世界遺産「京都古都の文化財」に指定されている他の16ヵ所って、どこだか知っていますか?
順不同で書くと…
賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)、教王護国寺(東寺)、
西本願寺、平等院、宇治上神社、醍醐寺、延暦寺、慈照寺(銀閣寺)、
鹿苑寺(金閣寺)、龍安寺、仁和寺、天龍寺、高山寺、西芳寺(苔寺)、二条城
え~っと、これで間違いないはず。いちおう京都検定2級合格なので、このぐらいは頭に入っているのであります。(^-^)/
このなかで、行ったことないのは、事前申込みが必要な西芳寺(苔寺)だけですね。
今年は、苔が美しい時期(梅雨時?)に行きたいなぁと、密かに画策しているのですが…おっと、話がそれました。(^^ゞ
清水寺といえば、だれでも知っている「清水の舞台」ですが、あの舞台のある本堂が、国宝に指定されています。
女性の観光客が履くハイヒールが原因で、舞台の補修が必要になっているという話題がニュースになりました。記憶に残っている方もいらっしゃると思いますが、残念ながら、ここは世界遺産なんだ、自分たちの手で守らなくちゃいけないんだ、という意識が欠落しちゃっているんでしょうね…。
京都の街には、国宝や重要文化財があちこちに点在するのですから、観光に訪れる私たちが、もう少しそのあたりのことを意識しなくちゃいけないんだと思います。
そんなことを、舞台のうえで小走りする旅行者を目にして、強く思い知らされたのでした。

Home > Archives > 2007-02-15

Search
Feeds
Meta

Return to page top